起業の仕方と海外でショップを持つ方法。グリーフケアカードの韓国販売【韓国輸出】

開業届の提出&英語に訳して公証人役場で承認印を貰うまでの流れ

韓国でグリーフケアカードの販売に向けて、準備をコツコツと進めています。

 

まずは韓国のオンラインショップを開設するために、

開業届を税務署へ提出しないといけません。

自分の住んでる近くの税務署へ行くと↓こんな機会が。

番号札をとって待ちます。

 

開業届の書き方は、簡単に税理士さんとかが分かりやすくYouTubeで説明していたので参考にしました。

おススメは→税金チャンネル

この人すごくわかりやすいです。

 

 

税務署HPに開業届があるのでコピーして郵送でも受け付けてくれます。

 

私は直接窓口へ。

 

5分もかからず受け付けてくれました。

 

その後、税務署へ開業届を提出したら、控えを貰います。

 

控えが大事です。こちらを英文に翻訳します。

 

 

宣言書も忘れずつけて

 

公証人役場に

この時、印鑑も忘れずに持っていきましょう。

 

公証役場に行くと、秘書?の人が説明をしてくれて、

とてもやさしいおじさんが、英文翻訳するときの、宣言書のことや、

公証印について丁寧に教えてくれました。

 

1通5000円、外国語は+6000円。

 

翻訳者が自分の場合は、その場(公証人の前)でサインしてすぐに書類を受け取ることが出来ます。

 

 

これを提出して、韓国のオンラインショップに審査を受けます!

 

無事審査が通るかな~。ドキドキです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

誰かの参考になれば幸いです。

 

→自分で作るオラクルカードはこちら

Follow me!