グリーフケア&ペットロスケアカードや看護のことについて書いてるサイト

境界線の引き方【グリーフケアと境界線のこと】

    
\ この記事を共有 /
境界線の引き方【グリーフケアと境界線のこと】

グリーフケアと境界線のこと

こころに悲しみを抱えている人は、

相手のグリーフに飲み込まれてしまうことがあります。

一生懸命にケアする事と、境界線をひかずに相手の問題もコントロールしようとする

ことは違います。

 

①健康的な境界線をひきましょう

貴方のグリーフ(悲しみ)と向き合うとき、

境界線は欠かせません。

相手の問題を自分の問題にしないように、

患者さんに振り回されないように、自分を守ることも大切です。

 

健康的な境界線を設定して、それを維持することはその人の為にもなります。

 

暴力的な言葉を言われたり、実際に暴力を振るわれたり、

不適切な身体への接触や発言を我慢する必要はありません。

 

上司に相談したら、我慢して対応できなあなたが悪い、ということを

言われるなんて・・・実はナースの世界では日常茶飯事・・・。

患者さんとトラブルを起こすあなたが悪い、というメッセージを送られます。

 

無かったことにされるのもよくある話。

 

↑これは上司が間違っているのであって、

あなたが罪悪感や羞恥心を感じる必要はありません。

 

 

自分自身を本当に尊重し、境界線を引くということはとても大切なことです。

 

境界線を引ける瞬間が来ると、とても不思議な事が起こります。

 

思っていることを素直に伝えられるようになります。

 

そして、相手もそれを真剣に受け取ってくれる、という経験を積むことができます。

周囲をコントロールしようとするのではなくて、自分自身の変化によって

まわりも変わっていきます。

 

②Noと言うこと

グリーフケアを行う上で、自分をケアすることを学ぶことも大切です

 

境界線をひくこと

自分が利用されることを許さないこと

自分がどんな気持ちか言うこと

自分を大切にすること

自分の意見をいうこと

それは間違いではありません。

ルールを破っているようで怖くなってしまう人は

 

自分を適切に取り扱うことに自信をもってください

 

自分をケアして、大切にすることを

誰かに謝る必要はありません。

 

 

③境界線の引き方 まずは感情を体験すること

自分のケアの為には何をすればいいでしょうか?

境界線の引き方って?

 

まず、自分が何を感じたのか、

今どう思ったのか?を正直に感じてみましょう。

 

何に怒っているのか?

何に我慢できないのか?

何にうんざりしているのか?

何を信じられないのか

何が必要なのか?

何が欲しくないのか?

 

自分を信じるということは、自分の感じていることに素直になること。

貴方の感じている感情を、正解、不正解で判断せずに

ただ感じてみてください。

 

グリーフケアを学ぶ上で、

自分のグリーフに気づくことがとても大切だと感じます。

 

人生に悲しみはつきものですが、

それに遭遇するとやはり辛いものです。

 

悲しみを抱えて生きることは苦しく、やるせない気持ちになることもあります。

 

しかし、悲しみを抱えながらも前向きに、希望を持ちもがいている方に出会う時、

グリーフケアをして関わる時、ケアしている側のはずが不思議と相互に癒されることがあります。

 

人生で起こる悲しみに、答えのない問いに、どう向かい合っていったらいいのか

迷いながらも光に向かって模索していくことで、

貴方が抱えている悲しみを少しでも軽くできれば、そんな気持ちで活動しています。

 

誰かの参考になれば幸いです。

Follow me!

Copyright©KANGONO KOTO ,2022All Rights Reserved.
PAGE TOP