看護学士取得方法 学習成果レポートの要項の書き方 具体例

専門学校卒業の看護師が、看護学士を簡単にとる方法

学習成果レポートの書き方 「要項の書き方」

看護学士を取得するためのレポートで重要な点は、

「題名」「目次」「要項」「参考文献」です。

このポイントをきちんと書けていれば長いレポートもスマートに見えます。

ここでは要項の書き方について具体的に書いて行きます。

学習成果レポートでは、「要項」A4 用紙に1枚程度

800~1200字以内にレポートをまとめたものを書かなければいけません。

まず要項には

専攻分野の名称:看護学

専攻の区分:看護学

氏名、テーマ名 を書きましょう。

本文(内容)

次に内容ですが、ここでは「要約」レポートまとめを書きます。

予告編みたいな書き方ではなくて、この要約を読んだらこのレポートは結局これが言いたいんだな~

と内容をすべて見渡せるような「まとめ」の書き方です。

病棟でいつも書いてるサマリーみたいなイメージで書いてください。

具体的な例

まずレポート全体のイントロや全体のまとめを簡単に書いたあと、

本文の構成を最後に述べるとスマートに見えます。

最後の構成を書く例)

本レポートでは~~を述べた後、~~を検討し~~~等を述べる。

構成は以下の通りである。

第1章では、~~~について述べる。

第2章では、~~~述べ、事例検討する。(事例がある人は)

第3章では~~~~について述べる。

第4章では、~~~場合の注意点について述べる。

そして第5章、最後に、~~~~の必要性について提唱する。

みたいな書き方です。

 

要項の書き方に決まりはないですが、無難な書き方でどの章に何が書かれていのか

全体的に分かりやすければ良いと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。誰かのお役に立てたら幸いです。

Follow me!