グリーフケア&ペットロスケアカードや看護のことについて書いてるサイト

箱の発注をしてみたら【自分で作るオラクルカード⑪】グリーフケアカード

    
\ この記事を共有 /
箱の発注をしてみたら【自分で作るオラクルカード⑪】グリーフケアカード

箱の発注をしてみたら【自分で作るオラクルカード⑩】グリーフケアカード

  天国からのメッセージカード、グリーフケアカードの箱を印刷してみました。

自分で作成するには限界がきていたので、

業者に頼んで発注をしてみました。

サンプルを頼み、修正1回で5000円。 お願いした箱は↓これ

●本機校正あり ●数量100個(10部だと1つあたり1万円ぐらいするので…100にしました) ●紙の色 色上質 アイボリー ●箱の色の水色は 空色 ●表面加工はOPニス(微光沢)

 

早速サンプルが届いたのでワクワクしながら開けてみました。

 なんだか・・・。 色合いが微妙。。。

上が業者で発注した箱で下の箱が自分で作成して販売していた箱です。

 

100部注文で116,400円 箱の入稿データ作成5000円などでかなりコストがかかります。

1箱あたり代替1000円ぐらいの計算です。

箱だけで1000円、中身のカードを印刷すると、完全に2700円では販売できなくなります。

  時間かかるけど、やはり手作りの方が良かったのかな~。。。

と悩みつつ、

でも自分の労働時間を時給で割ったら同じぐらいのコストまたは、

それ以上になります。

欲しい、と言ってもらえる方にはやはり良いものを販売したいし…。  

しかし、これはなんだか微妙な色合いです・・・。  

印刷技術って難しい。

確か1度だけ作成しなおせるオプションを申し込みしていたので

業者さんにもう一度問い合わせてみました。 もう少し明るい色になればいいなと思います。  

 

ここまでお金をかけて作成しているので、

出来るだけ納得できる形に仕上げたい、 しかし物作りって簡単じゃないな~。  

世に出てる物ってこうやって一つ一つ沢山の人が試行錯誤しながら

販売してると感じると、今使ってる100均で買った筆箱のデザインですら、

すごい!と 思えてしまう。

 理想に出来るだけ近いパステル色のいいものが出来たらいいな~。

ペットロスグリーフカードはこちら

Follow me!

Copyright©KANGONO KOTO ,2022All Rights Reserved.
PAGE TOP