【グリーフケアカード】のクラファン担当者と打ち合わせ編。自分で作るオラクル⑯

【グリーフケアカードのクラウドファンディング方法】自分で作るオラクル⑯9月8日(火)からスタート予定

9月から実施する

クラウドファンディングに申し込みをしてみた、

ことは前回書きました。→自分で作るオラクルカード⑭

グリーフケアカードの説明はこちら→『大切な人を亡くしたあなたへ』

 

先日、担当者の方と打ち合わせがありました。

沢山指摘を頂き、とても参考になりました。

もっと絵や写真を入れて、グリーフケアカード&ペットロスカードを紹介してください。と言われました。

確かに、気持ちを込めて書き込みすぎて、わたしのページはかなり文字が多かったかも・・・。

他の方のページと比較すると、ほとんど文字がなく写真や絵がありました。

↑なんどか試行錯誤して、やり直し、

パワーポイントで一つずつ作成して、それを図で保存、そしてページを作成していきます。

カードの写真も少し光を当てて編集し、きれいな温かみのある写真へ。

↓これはメッセージ画像を作ってみましたが、文字が見えにくい状態。

ペットロスカード↓はこんな感じで仕上がりました。

 

今まで感想を頂いた方へ連絡すると、写真もせても大丈夫~と快く承諾してくれてびっくり。

あまり個人を特定できないようにしたかったのですが、写真を送ってくれたりと、予想外の反応に感謝しかありません。

私のパソコン技術では↓こんな編集しかできませんが(;;)

とても素敵な写真ありがとうございました。

ガンを発症して2ヶ月で旅だった夫。「生涯連れ添ったのは私でよかった?」と聞きたくてカードを手に取りました。3枚のカードが私の魂に優しく答えてくれて涙が止まりませんでした。

 

何度も母との会話に使わせてもらいその度に泣いたり、笑ったり、でも、そこに依存はなくて、前に進むために背中を押してもらえる。そんな強くて優しいエネルギーが亡くなられた方からの愛とともに、降り注いでいるのでこのカードを引いた方は最初は涙されても必ず温かい笑顔になられます。魂は永遠といえども生きている方はやはり会いたい、話したい。そんな思いにそっと寄り添ってくれるカードです。

 

☆昨年の七夕、父が血液の癌で亡くなりました。昔から寡黙であまり話をせず、家のことは全部、母親任せ。3人兄弟だったので母親は大変だっただろうと思います。子供の私からみるとただ命令しているだけの何もしない父。なんでこんな人と一緒になったんだろうと母親がかわいそうでありませんでした。そういった亭主関白な父親を私は嫌いでした。父が亡くなった後も、あんなに何もしない人が早く亡くなって母親も助かっただろうとさえ思っていました。

このグリーフケアカードを知り、何気なく取ったカードに衝撃を受けました。「怒りを手放して」「ありがとう。あなたに出会て良かった」「あなたは一人じゃない」と書かれていました。

父はずっと私が嫌っていた事を知っていたのだと感じ、私の心が解放され、自然と涙が出てきました。寡黙ながらも家族を愛してくれていた父に対してようやく素直になれた気がしました。このカードに出会えて父への気持ちが浄化されました。本当にありがとうございました。

今後の予定として、順調にいけば

9月8日(火)クラウドファンディングスタート!!

11月7日(土)まで(2か月間)

今回マクアケ特別価格を設定することになりました。

先着20名のみ格安でお届けとなります。

構想を練って、コツコツと作成して2年以上かけて完成したグリーフケアカード、

大切な人を亡くして苦しんでいる方の、悲しみに少しでも寄り添うことが出来れば幸いです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

Follow me!